読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYIPでGO

各種HYIP案件のチャレンジ日記

TRADE COIN CLUB 翻訳ver.

TRADE COIN CLUB

 翻訳バージョンです。間違い等あるかもしれませんが

 

必ず目を通したおいて下さいね^^

 

あまり時間がないので・・・

 

ioioi357.hatenablog.com

 

ビットコイン投資 -アジアとカリブ海の融合

________________________________________________________________

 

ベリーズシティー:世界の注目は、ビットコインの動向だ。わずか数年前、1万ビットコインで、ピザ2枚(25ドル)を購入。現1万ビットコインを保有していれば、1000万ドル以上もの価値に相当する。

 

大多数の人は、ビットコインに馴染みがない。市場の動向を追う、極少数の人たちは、暗号通貨の誕生で、お金に対する人々の見方に、変化が生じていることに着目する。

 

ビットコインが特に魅力的な理由の一つは、誰にも不正操作されないことである。


ビットコインは発行の主体がないのだ。2040年までに、2100万ビットコインと定められた通貨の発行上限を、誰も引き上げることは出来ない。

 

ビットコインは希少価値があるため、価格は高騰する。現在のビットコインの時価は1000ドル前後だが、多くの専門家は、今後も価格は上昇し続けると予測する。

 

暗号通貨は特にアジア圏で幅広い流通がある。中国、フィリピン、日本などの各国政府は、ユーザー数の急増に対し、暗号通貨規制に向けた法整備を懸念しつつも、暗号通貨が国際通貨として、米ドルに取って代わる準備を進める。

 

ビットコインの口座間の送金は簡単で、受け取りも非常に容易である。
世界中の通貨にも交換可能だ。

 

暗号通貨間の取引方法の発達も、目を見張る。

 

近年、ベリーズ(旧英国領ホンジュラス)の都市、ベリーズシティーでは、世界初の、高頻度ロボットによる暗号通貨取引が、数千億円の市場で行われるようになった。

 

ベンチャー企業、トレードコインクラブ(TCC)は、巨大コンピュータを用いた、秒単位で数千回の取引を行うことで、会員に高い収益を還元することが可能なのだ。

 

暗号通貨の世界に革命をもたらす。


会社の創始者はポルトガル人、アメリカ人、ブラジル人の投資家グループだ。TCC社の公式ローンチは、本年5月マカオだが、昨年12月よりプレローンチは開催された。

 

TCC創始者かつ総代理店の一人であるドーバー・ブラガは、市場が既に200ヶ国で開かれ、52,000人以上が登録したと語る。

 

年度末までに、100万人の会員が登録する見込みだ。アジアでは「暗号通貨王(キングオブコイン)」との異名を持つ、暗号通貨の重鎮、泉忠司氏にも話を伺った。

 

泉氏は昨年12月4日、東京で開催されたノアコインのセミナーに8000人を動員し、わずか1日で約5000万ドルの売り上げを出した。

 

更に2017年1月には、インターネットのプロダクトローンチを用い、動画のみで約1億5300万ドルのノアコインを販売。

 

これらの記録は、前人未踏の偉業である。暗号通貨の販売における世界記録であり、泉氏は世界最高のマーケターであることを裏付ける。

 

泉氏が現在、大きな可能性を見出したのは、暗号通貨間のFX取引市場であり、TCC社の創立に携わっている。

 

TCC社は、泉氏と他の投資家たちが主催する東京での2月24日の大イベントにて、日本市場への幕開けとなる。日本では目下、ビットコイン投資が耳目を集める。

 

人々は貯金をどこに投資し金利を得るか、投資先を探し求めるのだ。銀行の預金金利がゼロの状態で、更に円の価値は近年著しく下落している。

 

このような人々の将来に対する懸念から、TCCへの投資へ、我先にと流れ込む。

 

「最初の週だけで1000人以上が登録したんです」


日本の投資家であり、日本市場のパイオニア、許英男(通称、坪本英男)氏はTCCの可能性を語る。

 

世界は徐々に統合されていく。革新的な投資モデルの発達により、アジアとカリブ海とが繋がった。

 

即行動する者が、チャンスを掴み取る。

 

_______________________________________________________________
 

泉忠司さんと言えば、暗号通貨の世界では超大物。

 

だからと言って必ず儲かるとも限りませんよね。

 

案件を見極めて、そこで利益を生み出すのが大目的です。

 

 

そこで、ポイント。2月24日の大イベントと、5月の公式ローンチで

TradeCoinClubに大きな資金が集まることは間違いありません。

 

 

表現は悪いですが「勝ち逃げ」するには今がジャストタイミングだと思います。

 

 

また、24日以降に日本市場でも大きな話題になることも予測されます。

 

 

善は急げ。ですね。

 

 

登録はこちら